藤浪の約3ヶ月ぶりの一軍マウンドを楽しみにしていた。
あのとんでもない制球難が克服できているか、
そして再びローテの軸として仕事ができるか。
二軍での調整の成果が問われる、大事な大事な復帰初戦。

しかし何の改善もなされていなかった。

まったく制御不能。
投手の大瀬良にぶつけてしまうなど、右打者への抜け球は相変わらず。
甘く入った球は痛打され、
4+2/3回で3失点という残った数字以上に、
内容的には厳しい投球となってしまった。


狙ったところに行かないだけでなく、その外れ方が普通じゃない。
もはやプロの投手とは思えないほど、コントロールにばらつきがある。
これでは試合にならない..

原因はわからないが、
あれだけの素材であり、
プロ入り後もここまで順調に歩を進めてきた選手が、
ここまでメカニックを崩してしまうなんてちょっと信じられない。

ただノーコンなだけでなく、
ぶつけてしまう危険もあって、
相手チームやそのファンからもボロクソに扱われるのもまた悲しい。

このまま終わってしまうのだろうか..