札幌で秋華賞への狼煙が上がった。
春のクラシックでも善戦していたディアドラが、
1000万下特別のHTB賞を制し3勝目。
オークスでは内から追い込んで見せ場たっぷりの4着と、
世代でも屈指の末脚を持つだけに、
この1勝で「ラスト一冠」へ向けてますます存在感が高まった。
岩田騎手も先週は大活躍。

負かしたのがラヴィエベールというのがまたポイントの高いところ。
条件戦をのたのたしていて1000万下に在籍しているが、
素質はオープンで走っていてもおかしくない相手。
ほぼ一騎打ちの競馬で3着馬には差をつけての勝負がレベルの高さを物語っている。


すでにソウルスターリングは天皇賞への参戦が決まり、
秋華賞はアドマイヤミヤビ、モズカッチャン、リスグラシューらが中心。
いずれもG1で上位を争ってきたが、
絶対的な強さを感じさせるほどでもなく、
新しい勢力が台頭してきてもおかしくはない。

あと、そういえばファンディーナは???

先日も少し触れたが、
アドマイヤミヤビにルメールが戻ったことで、
玉突き事故的にモズカッチャンがミルコと新コンビを組むことに。
人の動きも活発な秋華賞戦線である。