こんばんは。戸崎騎手が今のスタイルでいる限り、
何年リーディングを続けて獲ってもナンバーワンとは呼べない会の者です。
上位騎手が分散する夏に固め打ちが始まるのも昨年と同じパターン。
その手腕は確かなものがあるだけに、
ルメールやミルコをG1でも打ち負かすくらいの仕事をしてほしいところですが..

そんな戸崎騎手が初参戦してきた日曜の小倉競馬。
G1ですら京都や阪神に来るのも面倒くさがるのに、
どういう風の吹き回しでしょうか。
JRA全10場重賞制覇にリーチがかかった状態で、
上昇馬サンマルティンを伴い小倉記念を狙ってきた。
一応そういう野望みたいなものは持ってるんですねw



しかし結果はハナ差の2着。
ゴール前はタツゴウゲキとの激しい追い比べになったが、
最後はわずかに先着を許すことに。
ミルコの落馬負傷で急遽の代打となった秋山騎手の好騎乗。
「いつも戸崎くんに負けているんで」と自虐気味な勝利騎手インタビューで、
喜びに浸っておられました。

この日の戸崎騎手は8鞍の騎乗で0勝に封じ込められ、
重賞初制覇はおろか初勝利もお預けとなった。
さすがに関西圏へのスポット参戦では、
いつものような騎乗馬のクオリティには恵まれないので、
仕方がないといえば仕方がない結果。
ヒムロックさん残念でしたねw
唯一、確勝級かと思われた天草特別のアディラートも、
執拗なマークに遭い逃げバテて大敗。
「小倉まで好き放題にさせてたまるか」という、
関西の各ジョッキーの意地のようなものを感じる一日であった。

関西のG1にもちゃんと乗りに来て、
こういった試練も乗り越えた末にリーディングを勝ち取ったその時、
誰しもが認めることになるのだろう。

「ナンバーワンは戸崎だ」と。