仕事が早く終わったので娘と遊びながら広島×阪神を見ていたら、
9ウラにドリスが見事に燃やされてしまった。
3点リードを吐き出す大乱調である。
マツダスタジアムでカード勝ち越しの快挙達成寸前でこれは痛い。

160キロ近い直球と大きな変化のツーシーム。
簡単に打たれるようなボールではないのだが、
どうもカウントを悪くしてゾーンの中で勝負せざるを得なくなると、
捕らえられてしまう傾向にある気がする。
この試合では新井さん、エルドレッドともにボールが先行してしまい、
ストライクを取りに行ったところをバットに当てられ、
不運な打球ながらも連打を許すことになったのが発端。

あれだけの球威と変化があるのだから、
四隅を突いて誘い球を見せてなんて小細工せずに、
単純に真ん中あたりに構えて適当に散らせばカウントを作れるんじゃないの。
んで追い込んだらボールゾーンに落とせば一丁上がりみたいな。知らんけど。

打たれるときは結局コツコツ走者をためてつながれるから、
一気に2点3点と大炎上してしまうのもクローザーとしては質が悪い。
4月の中日戦、交流戦の日本ハム戦でやられた時もそのパターン。
これはテレビで見ていたし、
糸原が大爆発した読売戦でセーブ失敗した時も似たような形だったのでは。

捕手が坂本であっても梅野であっても岡崎であっても、
深く考えずにポンポンと攻めればいい結果が出るんじゃないかな。
あまり単調になりすぎてもそれはそれでアカンのかもしれんけどw


それにしても同点に持ち込んだ広島の攻撃はお見事。
松山・西川の代打陣もさることながら、
西川の右中間への単打で一塁から長駆生還を果たした代走野間のベースランニングよ。
フルカウントでランエンドヒットの形になっていたとはいえ、
局面を考えると普通は止まるところを迷わず突っ込んできた。

この走塁意識の高さが首位独走を支えていると確信。

ヨーイドンで4点も取って、
途中までは継投にも成功して理想的な試合運びだっただけに、
勝てなかったのは痛恨の極みですけれど、
1勝1敗1分ならまあ悪くないってとこで。

明日からは本気のバレンティン率いる東京ヤクルト戦。
ブルペン総動員で戦ってしまったので秋山はどうにかイニング食ってください。