奇襲ではない、あくまで馬の気持ちに逆らわない競馬をしただけ。
アエロリットを勝利に導いた横山典騎手の、
涼し気なインタビューの素振りが印象的だった。

見ている側からすれば「何してんのwww」と(・∀・)ニヤニヤしながら見てしまう大逃げも、
名手に言わせれば普通のことをしたまで。
前半はやや速いペースで引っ張りながら、
3〜4角でうまく息を入れて直線で再加速。
ラップも時計も優秀で、
ソウルスターリング不在の秋華賞戦線では存在感を強く発揮しそうである。

思えばNHKマイルCも一頭だけ外を悠々と回っての快勝。
型にハマらないのがアエロリットの強さだろうか。
逆に馬群に入るとダメな弱点が見え隠れしている気もするが。


対象的にアドマイヤリードの方は末脚勝負にかけるも不発。
「小回りは合わない」という、
誰もがそらそうよとしか言えない負け方だった。
わざわざここを勝つために乗り方を変える必要もないし、
お試しの結果がダメだったというだけのこと。
いわば型を崩さなかった結果。

他はこれといって触れておきたい馬もおらず..
強いて言うならパールコードはもうちょっとやれるはずといったくらいか。