エアスピネルが札幌記念でルメールと初コンビ。
そうですかとうとうエアスピネルまで。
もう何でもかんでも乗れるならルメールですわ。
笹田厩舎&ラッキーフィールドのコンビなら、
ずっと武豊騎手でいくと思っていただけに、それなりに驚き。
京都金杯を勝って以降、
ひと押しが効かない競馬が続いていたので気持ちはわかるけど。

秋にキタサンブラックと路線が重なるから今のうちにとか、そういう問題じゃない。
それなら継続して乗れるジョッキーにスイッチするはず。
今回スポットでルメールを乗せる意味、それは目の前の一戦を勝ちに行くこと。
この乗り替わりが功を奏すか、楽しみに待ちたい。

それにしてもこういう話題が出ると、
あのジャパンCでのウオッカ降板の衝撃が思い出されますな。
もう8年も前になりますか。
当時の武豊騎手はまだ落馬で大ケガを負う前で、
表面上はトップジョッキーの座を守りながらも、
徐々に「聖域」ではなくなりつつあった頃。
そこで起こった事件はまあ盛り上がりましたねw

しかしその後の長期休養や成績不振を考えれば、
よく現在のポジション(トップではないにせよ)を確保できているもんだと、
逆に感心させられますね。

また2歳馬から新たな出会いもあることでしょう。ねえキーファーズさん?