セレクトセールにギリ間に合わせるかのように、
ついに来ましたねオルフェーヴル産駒の初勝利。
舞台は函館芝1800m、いかにもそれらしい。
そして最初の親孝行を成し遂げたのはクリノクーニング!
管理するのはステイゴールドの血を熟知する、あの須貝厩舎。
ノーザンファームのピカピカ良血馬じゃないところも、
この血統らしさと言えるでしょう。

血統といえば、母系にメジロライアンが入っているらしいですね。
ここでメジロマックイーンと血が重なるか、というロマン。
そもそも母系をずーっと辿っても英字が出てこない在来の血統。
こういうところから爆発的な何かが生まれてきたりするんでしょうか。

ちなみに半兄はあのクリノカンパニーです。
カンパニー産駒で唯一JRAのG1に駒を進めた(1勝馬で皐月賞に突撃)、
あのクリノカンパニーです。



次は札幌2歳Sを目指すことになりそうで。
この盛り上がりっぷりからすると人気にもなりそうですね。
今回のレコードタイムというのは、今年の特殊な馬場もあって参考外ですし、
レース内容もびっくりするような末脚が見られたわけでもないですが、
とりあえず変なクセとかはなさそうに映る。

まあ今後どうなるかはわかりませんけどw