レイデオロの菊花賞不参戦が発表されるやいなや、
皐月賞馬アルアインの鞍上にルメールを確保するノーザンファームの強さ。
というか水面下ではとっくに決まってたんでしょうね。

ブレない。

その馬とのコンビで成し遂げた功績やらは無関係、
とにかくその場でオファーできる最高の騎手を乗せていくスタイル。
そこに情が絡むことはない。
まあ彼らにとって競馬はロマンや遊びではなくビジネスですからね。
1円でも多く稼ぐために手段は問わない。
それも一つの「正解」だと思います。

とはいえ松山騎手にとっては悔しい結果に。
これで悔しくなかったらアカンで。「そういう時代ですから」で片付けたらアカン。
伏兵扱いだった皐月賞で大仕事をやってのけ、
ようやく初めてJRAのG1を勝ったというのに、
ルメールが空いたからってもう用済みですからね。
この現実主義な采配を見る限り、
日本ダービーで負けたことだけが乗り替わりの原因とも思えず。
恐らくアルアインの手綱が戻ってくることはもうなさそうなので、
この気持ちと経験を他の馬で結実させるしかない。



この夏競馬を足がかりに、
どうにか成り上がってやろうと必死な若手騎手たち。
かつて松山騎手自身もそうだった。
彼らにとって大きな目標である「G1勝利」を成し遂げても、
その先に待っているのは厳しい現実..

JRAにとって大きな課題のひとつである乗り役の育成を考える上でも、
その問題の根深さを感じさせる出来事であった。