日曜はヴィクトリアマイルに参戦予定なのですが、
雨の影響が心配されますね。
それだけに土曜の段階で馬場の状態を見ておきたいところ。
しかし京王杯スプリングCはよくわからない。
スローになりがちだけれど、
昨年みたいにサトノアラジンが問答無用で差し切ったりする。
この謎重賞、あまり参考にしないほうがいいかもしれないw


連覇を目指すサトノアラジンを筆頭に、
グランシルクやロサギガンティアなど、「タメるだけタメたい」タイプが多い。
そんな中で好位で立ち回れるキャンベルジュニアの優位性。
堀厩舎の大器がようやくタイトルを手にするか。

スプリント王レッドファルクスは道悪も1400mも問題なくこなしそう。
あとは阪急杯で一撃を見舞ったトーキングドラム。
こちらもパンパンの馬場よりは少し渋った方が通用するかもしれない。
幸さんとは再びのコンビ結成。
結果が出れば安田記念チャレンジも見えてきたりするだろうか。



その他のレース。
東京10R緑風Sはパフォーマプロミス。
「偽オルフェーヴル」として取り上げた後は不振が続いていたが、前走で復活。
再び成りすましに来たのだろうかw
まだアテにはならないが、軌道に乗れればいいな。

京都は都大路S。エイシンヒカリからもう2年。
実績ならベルーフ。勢いに乗る松山騎手とのコンビ。
ミッキージョイは1F長いだろうか。

あと5R未勝利がネタ要素豊富。
ダブルバインドとフュージョンロックの金子勢2頭出しw
どちらもこの時期まで勝ち上がれなかったのは誤算だろう。
誤算といえばナムラマルも。
デビュー当時の期待っぷりからすれば、
クラシック路線に乗せておきたかったはず。

新潟ではクランモンタナが初障害。
このところ平地のビッグネームの活躍が目立つが、その流れに乗れるか。