勝ち馬に携わる人が喜びを爆発させていると、
「敗者復活G1論」もどうでもよくなりますね。
アエロリットの菊沢隆徳調教師は騎手時代を含め待望のG1初制覇。
現役時代の童顔は歳を重ねても健在で、
義理の兄の手綱によってもたらされたタイトルの喜びをかみしめる様子が印象的でした。

そして横山典騎手も意地のG1制覇。
目を見張るロケットスタートを決めるとそのまま好位へ、
道中も少し引っ掛かり気味のところをなだめながらも、
馬群の外を気分良く走らせる。
そして直線でも馬場のいい外を選択し、2着に1馬身半差の完勝。

天皇賞の武豊騎手と同じく、
なにげないファインプレーが光る好騎乗でした。

一説によると最近はエージェントを付けていないんでしたっけ、
その影響もあってか乗り鞍が減少気味で、
この日も本拠地の東京でありながらわずか2鞍のみの騎乗。
また、その型破りな騎乗には賛否両論あるようで、
10RブリリアントSのミツバも乗り替わりになっていた。

先日はグレンツェントをめぐる境遇についても書いたけれども、
彼ほどの乗り役ですら便利屋扱いを受けてしまう時代の中で、
輝きを放ち続ける方法は「勝つ」しかない。

ゴール直後に飛び出した派手なガッツポーズには、
「オレを忘れるな」というメッセージも込められているように映った。

鬼才は死なず。
ベテランの存在感が際立つNHKマイルCでした。