乗り替わりはこの世界の常である。
しかしグレンツェントがシレッとルメールに替わっているのは、
さすがにちょっと恐ろしさを感じずにはいられない。

マカヒキの日本ダービーが完全な「代打」だった川田騎手の扱いにも重なるけれど、
横山典騎手ほどのベテランが、
カンペキな手綱さばきで東海Sを勝ちながら、
「次はルメール空いてるから」と簡単にスイッチされてしまう現実。

石山繁がファレノプシスから降ろされるのとは訳が違いまっせ。

その場で使えるベストな鞍上を選びたいという、ノーザンファームの流儀。
武豊騎手を重用しない理由もよくわかる。
あのレジェンドまで便利屋扱いするわけにはいかないという配慮が見て取れる。
あるいはユタカさんサイドからの願い下げか。

そういう時代だといえばそれまでだけど、ノリさん自身はどう思っているんだろうか。
淡々と受け入れるのか、ふざけんなと闘志を燃やすのか。

その答えは、ミツバへの騎乗に込められているはず。
逃げてよし、控えてよし。
変幻自在のコンビでグレンツェントに対抗する。