紆余曲折を経てG1にリニューアルされた大阪杯。
施工時期や条件はG2時代と変わらないものの、
「獲物」が大きくなった以上、
ここを狙ってくる馬の思惑はガラリと変化したに違いない。

ヤマカツエースのように、前哨戦もバッチリ使って照準ピタピタの馬もいれば、
キタサンブラックのように、
あくまで昨年と同じローテを組んだだけですという馬も。

この「温度差」こそがG1大阪杯の特徴であり、
馬券を当てるための大きなファクターになると見た。


キタサンブラックはどこまで本気なのだろう。
すでにG1を3勝と実績はもう十分。
秋には遠征というビッグイベントも控える中で、
「年度代表馬として恥ずかしくない競馬を」という陣営のコメントからは、
無難にまとめられたらそれでええわという本音が見え隠れする。
有馬記念で見せたファイトは改めて現役屈指の強さを感じさせるものだったが、
あれがここで再現できるかどうかは微妙なところである。

「やる気」という意味では、
新たに整備された前哨戦・金鯱賞を使ってくる組に熱意を感じる。
特にヤマカツエースはこれまでG1では歯が立たなかったのが、有馬記念で4着と善戦。
小物キャラがジワジワと力をつけてきたその足跡は、
同じキングカメハメハ産駒ラブリーデイにも重なるところがある。

逆に前哨戦で牙を隠して本番で食い下がるのがステファノスの流儀。
1F長いかなと思われた昨年の宝塚記念でも見せ場を作っており、
ベスト条件の今回は評価も下げており巻き返しが怖い。

そしてもうひとつの重要路線が京都記念。
サトノクラウンとマカヒキの明暗がくっきり分かれる結果となったが、
臨戦過程や渋った馬場への適性も大きく影響したことだろう。

そう、ここはマカヒキの出番じゃなかろうかと思っています。

日本ダービーを勝ったとはいえ、
思い返せば弥生賞・皐月賞と小回り2000mで非常に強い競馬をしてきた馬。
ウリウリの下という血統背景からも、
古馬になってからは恐らく2000mがベスト距離に落ち着くのではなかろうか。
馬群がキタサンブラックを意識して動く中、
ひっそりと息を潜めて最後にズドンというシナリオが思い浮かぶ。

思惑という意味では、
天皇賞は使いたくないけどドバイに行くのもめんどいという中で、
ちょうどいいG1ができたラッキーといったところでしょうか。
十分に色気を持って臨んできていると思います。

◎ マカヒキ
○ ヤマカツエース
▲ ステファノス

無責任な印を書き残しておく。軽く馬券も買っとくかな。



中山ではビッグイベント発生。
そう、シゲルノコギリザメと幸さんのコンビ結成である(パチパチ
日頃からシゲル軍団にはお世話になってる幸さんだが、
このコンビが誕生するとは想像していなかった。
昇級戦だけにあまり強気にはなれないが、がんばってほしい。

もちろん伏竜Sのハイパーノヴァも重要。
スムーズに重賞路線に乗るためには早めに賞金を加算しておきたい。
ヒヤシンスSで強敵と戦った経験は大きいはず。