月曜でもあくまで週末です(断言)。
サトノダイヤモンドは強かったですね、いいものを見た。
先を見据えた仕上げで、
3000mのシュヴァルグランを問題にしない強さ。
ちょっと引っ掛かり気味だったのは休み明けのせいか。
これならマモノが待ち構える春の天皇賞も大丈夫なはず。


さて、明日は桜花賞戦線がさらに賑わうかの大事な一戦。
デビューから2戦2勝のファンディーナが、
賞金加算を狙ってフラワーCに参戦である。
勝てば中2週で桜花賞。
オークスに目標を絞るという選択肢もある中、
陣営はあえて強攻策を選択してきた。
これが報われないと後のローテにも狂いが生じがちなので、
なかなかの勝負手だなと思う。

新馬戦→つばき賞の内容を見ても、
ただものじゃない感は十分に伝わってくる。
スローしか経験していなかったり、
長距離輸送が心配だったりとお決まりの不安材料もあるけれど、
果たしてどうでしょうか。