スローペースを瞬発力の違いでズバッと差し切ったカデナ。
こういうスタイルで弥生賞を勝った馬は、
古くから皐月賞よりも日本ダービーへつながると言われている。
まあ具体例はスペシャルウィークくらいしか出てこないんですけどね。

前半1000mが63.2秒のスローペースを後方で追走。
恐らく福永騎手のテーマは「折り合い」だったと思うので、
どれだけ遅くてもジッと我慢の展開である。
3角を過ぎたあたりから馬なりでジワジワと進出し、4角も大外。
ざっくり6〜7頭分くらいは外を回る距離損を承知でマクりにかかると、
逃げ込みを図るマイスタイルをきっちり捕らえきった。

キレが問われる展開で長所が活きたとはいえ、
このメンバーでは一枚格上だったという印象。
逆に言えば最重要トライアルの弥生賞でさえ、
相手に恵まれるほど今年は上位勢力が手薄。
ダイワキャグニーあたりがきちんと折り合えていればまた違ったのかもしれないが..

新星が現れない限り、
今年こそ「ダービージョッキー福永祐一」の誕生もありえるかもしれない。


きさらぎ賞3着で完全に脱落気配だったダンビュライトが3着に生き残るのも、
低調なレベルを感じさせる結果。
普通ならとっくにオワコン化しててもおかしくないところ。
2着のマイスタイルは完全に展開を味方につけてのもので、
いずれも皐月賞へ向けてどうこう言える駒とは思えない。

まだコパノインパルスの方が見通しは立つ。
今回はスローを嫌って自分から動く形になってのもので、
もう少し展開がバタバタするようなら無欲の一発があるかもしれない。

残念だったのはグローブシアター。
3着とは小差とはいえ8着に敗れ、ここで皐月賞争いからは陥落。
ゴール前はそれなりに脚は使ってるんだけど、
ヨーイドンの展開で外を回ってでは仕方がないか。
しかし角居厩舎は厳しいなあ..



レイデオロとブレスジャーニーが順調さを欠き、
3月になっても混沌としまくる牡馬クラシック戦線。
どんな結末が待っているやら、まだ想像もつきません。
久々に「なんじゃそりゃ〜」な皐月賞が待っていてもおかしくないw