節約のために年明けからぐりちゃの契約を切っていたのですが、もう限界です。
3月から再加入しました。やっぱり安定感が違うわー。

ところでチューリップ賞を見ていたら実況が小塚アナだったんですけど、
これはもしかして桜花賞も、ということでしょうか??
ついに檜川アナに引導を渡せるとしたら超朗報。
来週のフィリーズレビューも小塚アナの予定になってるし、
ほぼ確定じゃないですかね。うれしい。

「ソウルスターリング強いね」という話はまた別の場で。


弥生賞。いくつになってもワクワクしますね?
たとえ今年のようにクラシック戦線の勢力図が不明瞭で、
混戦ムードであったとしても。

それでもここまで人気が割れる年もめずらしいのでは。
単勝オッズ1ケタ台が12頭中6頭。

福永騎手が「今年はこの馬で」と期待を寄せるカデナ。
ラジニケ杯京都2歳Sはディープインパクト産駒らしい瞬発力を見せたが、
まだちょっとピンと来ていない。
中山でも前走の再現ができれば、
皐月賞だけでなくその先も見えてくるのだが..

臨戦過程や鞍上がキタサンブラックの初期を思い出させるダイワキャグニー。
スプリングSに回ってくれれば自信を持って推せたんだけど、
けっこう気性の勝ったタイプなようで距離延長がどうかと。
余談ながらこの馬の名前を聞くと、
昔のMLBにいたギャグニーという選手を思い出す。
野茂英雄の同僚とかそれくらいの時代でしたっけね..

超大物不在であれば京成杯組でも十分に間に合うかも。コマノインパルス。
何といっても頼もしいのが田辺騎手で、
中山開催に替わってまた存在感を発揮しまくっている。
土曜の黄梅賞とかを見ていても、
差し馬の動かすタイミングとかを完全につかんでいる感。

グローブシアターもまだ諦められてはいない。
どこかで覚醒イベントがあるかもしれないけど..
ゆくゆくは福永騎手に立ちはだかるような存在になればおもしろい。



ウラ番組の阪神ではOP特別が2鞍。
勢い止まらないミルコはチューリップ賞で敗れ5週連続の重賞勝ちこそ逃したが、
ポラリスSのスマートアヴァロン、大阪城Sのアストラエンブレムと、
普通に連チャンが利きそうな有力馬を揃えている。
ちなみに朝から1番人気の馬ばかり。軽いヌッス状態ですからね。

幸さんも2Rエイドローン、3Rナムラスパルタクス、7Rダイメイフジあたり何とかしたい。
白毛馬ホワイトドラゴンに乗るレアな機会もw