Jリーグが開幕しましたよ。
以前はチューリップ賞の日に開幕というのがデフォだったのですが、
最近は前倒しで2月末の土曜日にスタート。
ちょうど阪神・中山開催の初日に重なるのが、
春の風物詩っぽくていいですね。

ちなみにガンバ大阪の試合は明日な。

アーリントンCのミラアイトーンは残念でしたねえ。
力を出し切っての敗戦ならまだしも、
あれだけ引っ掛かってしまっては競馬にならぬ。
武幸四郎騎手としても悔いの残るレースになっちゃいました。

とはいえペルシアンナイトは強かった。
まだまだ止まらぬミルコの勢い。

小倉は春の藤田菜七子祭りあり、
大逃げハマって単勝万馬券ありとこちらも楽しそうでした。

そして日曜は中山記念アンド阪急杯。
どちらも強い馬の強いレースが見られそう。

春ですな。


中山記念はすっかりドバイの壮行レースに定着したが、
今年からは大阪杯の重要ステップとしての役割も担うこととなり、
ますます格式が高くなった感。
かつては小回り開幕週の馬場を活かして、
伏兵がビッグネームを負かす期待を寄せるレースだったけれど、
最近は外差しが利く馬場へもシフトチェンジしてきており、
普通に強い馬が強いレースをする場へとなりつつある。

昨年、ドゥラメンテの2着3着だったアンビシャスとリアルスティール。
よほどのことがない限りこの2枚は堅い気がする。
リアルスティールはライアン・ムーア騎乗の予定が戸崎騎手に変更となったが、
それでも無難にまとめてくると見た。

以前の傾向ならネオリアリズムやロゴタイプを警戒すべきなのだが、
差し馬の台頭がありそうで充実期のツクバアズマオー、
あるいはヌーヴォレコルトあたりが一角崩しの候補。

ヴィブロスは秋華賞のレベルがやや懐疑的なのが..

阪急杯のほうは馬券を買おうと思っています。
しかし前売りオッズを見ると激シブでなかなか買い方が難しい。
シュウジとロサギガンティアを素直に高評価しつつ、
ヒモ荒れみたいな形を狙おうかと。
候補はトーキングドラム、ムーンクレスト、テイエムタイホー、ダイシンサンダー。

買い目がまとまったら予想エントリ上げます。