今さらながら、フェブラリーSは馬券を検討する上で非常に奥が深いG1であることに気づいた。
前哨戦を含む参考レースに同距離1600mの番組が存在せず、
かしわ記念や南部杯といった交流G1とは馬場もコース形態も違う。
さらにはスタート地点の芝に対する適性の判断も難しい。
チャンピオンズCや東京大賞典に川崎記念、東海Sからの距離短縮組、
そして根岸Sからの距離延長組が、
「東京1600m」という特殊な条件にフィットするかを見極める眼が問われている。

明確なヒントが与えられないままチャレンジしなければならない謎解き。

アドマイヤドンやカネヒキリ、ヴァーミリアンにエスポワールシチーと、
歴代のダート王たちは問答無用で挑戦者をねじ伏せてきたが、
今年は混戦ムードで細かい向き不向きの積み重ねが勝敗を分けることになりそう。


しかも、本来ならこの条件で期待を寄せたくなる、
コパノリッキー・モーニン・ノンコノユメ・ゴールドドリームといった面々が、
前走で大きく敗れているのが余計に頭を悩ませる。
他の距離・コースでチグハグな競馬をさせられたのが、
得意の舞台でガラリと変わってくるかもしれない。
距離適性に疑問を残すサウンドトゥルーやカフジテイクらとの比較で、
どちらを選ぶかという難易度の高い選択を迫られることになる。

さあ、どうする。
間を取ってベストウォーリア中心で行くのが一番カンタンかもしれないがw