ダート路線のグランプリ・東京大賞典はアポロケンタッキーが優勝。
チャンピオンズCで5着と善戦したとはいえ、
まだG1の経験も浅く今回も単勝5番人気と伏兵の評価に甘んじていたが、
先行策からアウォーディー、サウンドトゥルーとの追い比べを制した。
4歳の新興勢力が来年どれだけタイトルを積み重ねるか。

ところで久々にピンクメンコが大舞台で躍動するのを見ましたね。
かつてはG1・重賞の常連だった山内厩舎は、
これが(恐らく)04年のダービーグランプリ(パーソナルラッシュ)以来のG1勝利。
※ 中央・地方含む

90年代後半から00年半ばまではリーディング上位を争いながら、
その後は年間20勝程度でOP馬もいるかいないかというところまで失脚。
G1に手がかかりそうだったのはコンゴウリキシオーが最後だろうか..

ちょうど先日ネロで久々の中央重賞勝ちを飾った森厩舎と重なる部分がある。

ところが今年はアポロケンタッキーがダート路線で覚醒。
みやこSで重賞を制すると、一気にG1タイトルまで手にすることになった。
他にもダンツプリウスがニュージーランドTを制すなど、
若い年代に楽しみな駒が出てきた。

明け3歳勢が超有望な藤沢和雄厩舎も含め、
「老舗」に活力が戻ってきたのがうれしいファン歴20年の若者であった。


アウォーディーはチャンピオンズCに続きまたも2着。
前走はサウンドトゥルーの奇襲に遭った感が強かったが、今回は割と力負けといった印象。
もちろんアポロケンタッキーにはもう敵いませんてことはないけれど、今回に関しては完敗。
JBCからのG1三連戦でしんどい部分もあったかもしれないが、
歴代のダート王者たちも通ってきた道なので..

チャンピオンズCの勝ち馬サウンドトゥルーは3着。
自分で勝ちに行くと甘くなるのはこの馬の宿命である。
あくまでも輝くのは他力本願がハマったとき。納得の結果。

残念なのはノンコノユメが苦しくなってきたこと。
有力馬のすぐ後ろにつけて追走したが、
ペースが速くなったところでついて行けなくなり、離れた4着に終わった。
前走時にも書いたが、小柄なトワイニング産駒ではここまでが限界なのかもしれない。
あるいは去勢が裏目に出たか..



普段は地方競馬の馬券はノータッチの僕ですが、
有馬記念が当たったこともあって、
「地方の売上にも貢献しとくか〜」と1,000円だけ馬券を購入。
そしたら総売上額がスーパーレコードだったらしいじゃないですか。
そうかそうか、それはよかった。

アウォーディーとノンコノユメのワイドだったのでハズれましたね、ええ。