年末恒例の香港国際競走で、今年も日本勢が2勝!
まずは香港ヴァーズのサトノクラウン。
まさか世界最強クラスのハイランドリールを、真っ向勝負でねじ伏せるとは。
先に抜け出し後続を振り切りにかかる標的をただ一頭猛追し、
ゴール前で測ったように差すその勝ちっぷりは、
あのステイゴールドのラストランを思い出させるものだった。



うむ、見事な完コピ。
さすがにステイゴールドほどの「悲願」感はないけれど、
国内ではG1タイトルに恵まれない素質馬が、
2度目の香港への挑戦で見事に結果を残した。
同厩にモーリスやドゥラメンテがいるせいなのかはわからないが、
目標の定まらないローテを組まされるなど不遇な面もあった。
しかしこの勝利で、
一気に堀厩舎のエースの座を継承することができたのでは。

来年も国内外を問わない活躍が期待できるはず。


そして香港カップのモーリス。
出遅れながらも4角までは内でロスなく立ち回ると、
空いたスペースを割って伸びる末脚がとにかく強烈。
果敢に逃げを打つエイシンヒカリをあっさり捕らえると、
激しい2着争いを尻目に3馬身差の圧勝。
これで通算6つ目の、そして香港で3つ目のG1制覇を成し遂げた。

もうこの馬については何も言うことはありません。
マイルと2000mのカテゴリを極め、現役を引退。
大きな期待を背負ってスタッドインすることになる。
外国人騎手を背に国境を越えて活躍する現代風のキャリアを重ねながら、
母系にはメジロ牧場から流れを受け継ぐ血統の主。
この馬が種牡馬として成功を収められれば、
日本競馬にとっても大きな財産になる気がする。

2着は地元香港のシークレットウェポンが入り、
日本勢の上位独占とはならなかったが、
それでも3着がステファノス、4着がラブリーデイとそれぞれ健闘を見せた。
ラブリーデイはパドックで随分と馬体が細く見え、
さすがにそろそろ潮時かと思っただけにこの善戦はうれしい。

そしてこちらもラストランとなったエイシンヒカリ。
ケレン味なく飛ばし、4角でも後続とのリードが十分にあったのを見て、
これは昨年の再現かとも思ったがゴール前で失速。
さすがに今回はペースが速かったようだ。
この馬のペース配分は難しい。
速すぎでもダメ、遅すぎてもダメ。
しかしうまくハマった時の強さは格別だった。
こちらの個性派との別れも惜しみつつ。



しかし香港国際競走は一度現地で見たいところですな。
いつかそのうち..と思いつつ、
流行り廃りのスイッチが早い競馬界のトレンドですから、
これだけ活況な間にぜひ行きたい..
と言いつつも10年くらいは無理だろうなという諦めも。