いつもなら小出しにしているようなネタを1日で放出してしまうのだから、
あっけなくネタ切れしてしまいました。
更新できなかったのはそれだけではないものの。

週ナカにもいろんなニュースがありましたね。
シンハライト引退とか、モーリスとステファノスが香港Cへとか、
リアルスティールがライアン・ムーアとジャパンCへとか。

有馬記念のファン投票も始まりましたで。
1位はまたキタサンブラックかな。
僕はサトノダイヤモンドを推していきます。


■注目レース注目馬/11月19日
・ 京都05R:2歳新馬
また金子真人さんの高額新馬がデビュー。
その名はダブルバインド。つまり板ばさみ..w
父はもちろんというかディープインパクト。
そして母父にガリレオという血統。
母系にサドラーズウェルズを持つという最近の流行をきちんとキャッチしている。

・ 京都06R:2歳新馬
ライズイーグルを除く日本のフランケル産駒は無敗という状況下で、
新たにデビューするのがクーファディーヴァ。
「ゼンノ」冠の大迫さんの所有馬で、
上にはゼンノサーベイヤーがいる血統。

・ 京都09R:もちの木賞
案の定というかダートであっさり勝ち上がったシロニイ。
こうなったらもう迷うことは何もない。
白毛一族の宿命どおりにダート道を突き進め。

・ 京都10R:比叡S
スピリッツミノルに幸さん。あれ、いいんですかねこんないい馬。
武豊騎手とかミルコとかも空いてるのに。

・ 京都11R:アンドロメダS
こんなに多頭数だなんてアンドロメダSらしくないぞ!
展開やら位置取りやらでコロコロ結果が変わりそうな構成。
とりあえず気になったのがオリオンザジャパン。
芝とダートを交互に使うミヤジタイガ流か。
あとは変態激走馬のマドリードカフェがここで復帰。
また忘れた頃に一発がありそう。

・ 東京04R:2歳新馬
母母にトゥザヴィクトリーを持つ、
カンパニー産駒の中では最高クラスの血統馬ミヤジユウダイがデビュー。
関西馬ながらわざわざ東京へ、
そして鞍上にライアン・ムーアを迎えるという謎の期待感。
果たして結果は..

・ 東京07R:3歳上500万下
叩き2走目できっちり変わり目を見せたヨクエロマンボ。
連闘がない限り東京開催で走るのはここがラストのはず。勝負仕上げと見る。

・ 東京08R:秋陽ジャンプS
そういえば先週ニホンピロバロン負けたらしいですね(見てない)。
このままだと中山大障害はオジュウチョウサンが1番人気になるのかな。
昨年から大障害コースの洗礼を受けるサナシオンはここで復帰。
中山以外は未だに無敗、休み明けでも力の違いを見せつける。

・ 東京11R:東京スポーツ杯2歳S(G3)
土曜のメインイベント。
ブレスジャーニー、オーバースペックそしてトラスト。
高校野球でいえば完全に「公立の雄」にあたる血統背景の持ち主たちが、
重賞戦線で大活躍している。
ここも通用するメドを立てられれば、
暮れのビッグレースさらには来年へ向けて一気に展望が広がってくる。
そこに立ちはだかるディープインパクト産駒のムーヴザワールドは、
阪神の新馬戦でエアウィンザーとの一騎打ちを制し話題になった。
全姉タッチングスピーチの成長過程を見ていても、
動けるのは少し先かと想像していたらとんでもない。
しかもだいぶ上積みもありそうで、2戦目での重賞勝ちも大いにありえる。
あとはスワーヴリチャード。
新馬戦は取りこぼしたが2戦目できっちり。
こちらも奥がありそう。

・ 福島05R:2歳新馬
へえー、福島で社台RHが2頭デビューかと思って馬柱を見ていたら、
グリフレットの鞍上に岩田騎手の名があってびっくり。
そうですか土曜は福島に出稼ぎですか。
確か春の開催でもありましたっけ。

・ 福島08R:3歳上500万下
岩田騎手が唯一乗っていないのがこの若手騎手限定戦。
ナイトインブラックにフジタナ騎手が騎乗する。
血統だけで言えばこれまでで最高クラスのパートナーではなかろうか。
先週は海外での騎乗も初経験。
その一方で徐々に話題性が薄れつつあるところ。
マイペースでがんばれば、そのうちいいことあるはず。