ミスエルテがここを使うのは絶対におかしいと思うので、
滅多に買わないファンタジーSにわざわざ参戦である。

怪物フランケルの産駒として注目を集め、新馬戦も期待通りに勝利。
阪神のマイル戦を使ったのも、
間違いなく桜花賞を見据えてのもの。
なのに、なぜ2戦目で距離短縮?
しかもこの、近年はクラシックとの関連性がどんどん薄れてきている斜陽のG3に。
池江厩舎、サンデーレーシングのチームがここを選んでくることに、相当な違和感がある。

会見では「川田騎手が乗れるレースを」と理由を説明していたが、
正直そこまでプライオリティの高い事項でもなさそうだし、
それに他の鞍でも乗れるレースはあったに違いない。調べてないけどw

気性面での不安もチラ見せしているように、
抑えを利かすのが難しいと判断したのでは?
1400mならば問題ないと思わせておいて、
チグハグな競馬に終わるシーンが容易に想像できる。
1番枠でも当たればなーなんて考えていたら本当に入ってビックリw
出して行けずジッとしている間にどんどん前に入られて、
後手を踏んで敗れるパターンになると見た。


近年の「勝ちルート」を見てみると、
やはり勝ち馬は圧倒的にイン優勢。
2、3着まで対象を広げると差し馬も来ているが、
とりあえず前に行ける馬を上位に考えたい。

正直、週アタマの段階では魅力的に映る馬が見つからなかったんだけど、
次第にドロウアカードの名前が輝いて見えるようになってきた。
姉にソルヴェイグを持つダイワメジャー産駒。
その時点でこのスピード勝負の舞台で持ち味を発揮できそう。

初勝利を挙げた前走は阪神のマイル戦。
重馬場を逃げ切る形だったが、見事な好スタートだった。
特筆すべきは負かした相手たち。

・ 2着 ハムレット → 次走で勝ち上がり
・ 3着 ハッシュタグ → その後出走せず
・ 4着 ボンセルヴィーソ → 次走で勝ち上がり
・ 5着 ハッピーマテリアル → 次走2着
・ 6着 マジョラム → 次々走3着
・ 7着 ラニカイサンデー → 次走2着、次々走4着
・ 9着 スティーマーレーン → 次々走で勝ち上がり

てな具合に、ここ経由で勝ち上がり、もしくは好走している馬がズラリ。
1頭2頭だけなら偶然で片付けられるかもしれないが、
これだけの面々が集まっていたならば、
「レベルが高い」という評価を下しても間違いではないだろう。

前残りの道悪に助けられただけ、というオチもありえなくはないが、
さほど人気にもならなさそうなので色気を持って狙う。

● 結論
◎ ドロウアカード
△ ミスエルテ
△ ブラックオニキス
△ ディアドラ
△ ヤマカツグレース
☆ アオアラシ
☆ モンロー

どうやって買うかが悩ましいな。
とりあえず◎△△△△のボックスは持っておくとして..
◎の単勝もどうにかして絡ませたい。