桜花賞を目指す牝馬にとって、
とにかく至上命題なのが早めの賞金加算。
のんびりしているとあっという間に後がなくなるし、
狙ったレースで計画が狂うとローテ面にしわ寄せが行く。
そういう面では、
未勝利戦を勝ち上がったばかりのリスグラシューとフローレスマジックが、
きっちり賞金を上乗せできたのは大きい。
勝敗こそ分かれたが、どちらもノルマ達成と言えるだろう。


個人的には外をストレスなく回ったリスグラシューよりも、
馬群の中での競馬を経験したフローレスマジックの方が優勢と見ておく。
ディープインパクト×マジックストームの配合はもう何頭も見てきたが、
この時期での完成度は一番かもしれない。
12キロ減らして出てきたけれど、阪神JFには行くんだろうか。
無理をさせる必要もない気がするが..

一方、明暗が分かれてしまったのが3番人気のトーホウアイレス。
これまで通り後方からの追い込みにかけたが、見せ場なく12着と大敗。
展開も向かなかったとはいえ、
イマドキの追い込み馬はこれくらいのスローでもそこそこ適応できないと厳しい。
こちらも馬体を減らしていたように、状態面にも問題があったかも..
あと一回、どこかで賞金を積まないと桜花賞には出られない。
その「あと一回」が大きくのしかかってくる。