盤石のキタサンブラック!
秋の始動戦に選んだ京都大賞典をきっちりとモノにし、
ジャパンCそして有馬記念へと続くG1へ弾みをつけた。
いつもの通り着差こそわずかながら、
確実に結果を残すそのスタイルがカッコいい。

これで秋のG1へ向けたプレップレースは単勝1番人気馬が全勝ですか?
どのお馬さんも、休み明けながらきっちり仕事をしてくれて、
ファンとしてはありがたい限り。
まあビッグアーサーみたいに本番で(ノ∀`)アチャーなことになることもありましたが、
祭りは本番よりも準備の方が楽しかったりするので。

2番人気のラブリーデイも、
序盤ちょっと行きたがるところがありながら無難にまとめて3着。
連覇がかかる天皇賞、まだまだ無視はできませぬ。


ところで京都大賞典、
一時期の「どうしてこうなった」な凋落ぶりを乗り越えて、
再びワクワクする伝統の一戦へと復活を遂げようとしていませんか。
昨年もラブリーデイやサウンズオブアースが出てきて、
そして今年はキタサンブラック。
G1でも主役を張れそうなビッグネームが、
きっちりとその強さを見せてくれるなんて、
ここ10年くらいなかなかお目にかかれなかった印象。
3年ほど前には白い方が単勝1.2倍で5着に敗れましたし..
記憶を遡ろうとすると、
一気にナリタトップロードとかテイエムオペラオーの名前が出てこようとするw

前述の通り秋のプレップレースを実績馬が占拠し、
ここ数年は揺らぎがちだった「叩き台」の地位が見直されていることも実感します。
牝馬が強いという背景もあり、
秋は天皇賞からG1を3つ使うのがトレンドだったような。
外厩のおかげで休み明けでも十分に仕上がるという風潮も強かったですもんね。
今は「G2で始動してG1は3つあるうちのどれかをパス」というのが最新の流行かな。
個人的にはこっちの方が好きです。

新設G1もいいですが、
同じ番組の中で起こる流行り廃りを眺めるのも楽しいものですよJRAさん。