春先に飛び出したネタがいよいよ現実になろうとしている。

■大阪杯、来春GI昇格!有馬記念後12・28「木曜」開催も(サンスポ)
春の伝統のGII戦、産経大阪杯(阪神、芝2000メートル)が来春からGIに昇格することが23日、分かった。名称は大阪杯になる見込み。また、JRAは来年、有馬記念後の12月28日の木曜にも開催を行う方針で、GIへの昇格を見込むホープフルS(中山、芝2000メートル)が同日のメインとなる予定だ。

春競馬を盛り上げてきた中距離GIIが、来年から大阪杯の名称でGIに昇格する。JRAにとって、春の古馬中距離路線を充実させることは最大の懸案事項で、数年をかけて検討してきた。

 現在は4月下旬から5月上旬の天皇賞・春(芝3200メートル)と6月下旬の宝塚記念(芝2200メートル)のGIが2つあるが、芝1800〜2000メートルの中距離GIはなかった。近年、中距離に適性をもつトップホースは、海外のドバイ、香港、豪州に活躍の場を求める傾向が強くなり、JRA関係者は「春に国内で中距離の一流馬が走る舞台を作りたかった」と明かす。

 既存の大阪杯をGIに昇格させることで、番組上においても混乱をきたすことなく、他のレースにも影響ないと判断。昨年はGI馬6頭、今年もキタサンブラックなどGI馬5頭が出走し、近3年のレーティングは平均で約117になるもよう。GI昇格の基準である近3年の平均115をクリアしている。

 また、来年は12月24日に予定される有馬記念のあと、28日の木曜にも開催する方向。昨年、競馬施行規程の一部を改正して、農林水産省令で定める開催の日取りに曜日にかかわらず12月28日が追加され、開催が可能となった。仕事納めの企業が多く、JRA内部でも平日開催に対する不安の声もあったが、24日が最後となると翌年最初の開催まで2週間近く間隔があくことになり、今回開催に踏み切った。なお、この日のメインはGIに昇格するのが既定路線である2歳のホープフルSを据える予定だ。



もはや個人的な意見など必要ないのかもしれないが、
ブログというのは個人の意見を書く場所なので書く。
スタンスとしては3月の時点で示したものと変わらない。
JRAの花形カテゴリである芝の中距離の一線級を、
海外遠征に取られてしまう現状を重く見る気持ちはわからないでもない。
その一方で、強い馬がちゃんとここに照準を合わせてくれるのかという点が心配。
休み明けの「行きかけの駄賃」みたいな使われ方をしたのでは、
たとえ好メンバーが揃っても楽しみきれない。
あと春の天皇賞の行く末がますます案じられるということ。

それだけではない。

春先に2000mのG1が組まれることで、
前年のジャパンCや有馬記念のメンバーも手薄になってしまう可能性がある。
2000mがベストで少しでも距離に不安がありそうだという馬は、
天皇賞を使ったあとはジャパンCも有馬記念もパスして香港へ遠征し、
京都記念か中山記念を経由して大阪杯へというローテが現実的になる。

これってどうなの。

昨年で言えばラブリーデイが上記のような日程を組んで、
ジャパンCにも有馬記念にもいないなんて超つまらないでしょ。
単純にネームバリュー的な面でもそうだし、
「ちょっと距離が長いかな、どうかな」と懸念しながら予想するのが楽しみなのに..

選択肢が多様化することで、
各馬が能力を存分に発揮できるカテゴリに専念できる一方、
ターゲットが分散化が「強い馬の激突」と「予想の妙味」という競馬の楽しみを奪ってしまわないか、
そんな心配をせずにはいられない。

杞憂に終わればいいのだが..