オールカマーは春の天皇賞以来となったゴールドアクターが勝利。
これでこの阪神&中山の重賞は、
「休み明け秋初戦、単勝1番人気」の馬が6連勝を飾ることになった。
祭りの準備がはかどる感じで楽しい。
言われるまで気づかなかったけど。

ゴールドアクターは春の天皇賞で大敗を喫して以来の実戦。
当時は激しいイレ込みで自滅する形になったが、
地元の中山に戻れば「先生」の威厳たっぷりの勝ち方であった。
春も日経賞をステップにしたローテで、
最近はないがしろにされがちな前哨戦をマジメにこなす性格には好感が持てますねw

ジャパンCも有馬記念も楽しみ。


さて、一方マリアライトは案外なレースぶりで5着に敗れた。
スタート直後から鞍上が促しながらもダッシュがつかず、
4角からゴールドアクターを目標に動きながらもジリジリとしか伸びず。
ふーむ、何かピリッとしない内容でしたね。

もともと叩き良化型とはいえ、
蛯名騎手をはじめ陣営も「あれっ?」て感じだったようで。
連覇がかかるエリザベス女王杯がちょっと心配になってきました。
これで人気を落とせば、
人気薄でG1を2勝している彼女の本領発揮なのかもしれませんけど。