●過去5年「勝ちルート」
11年: 外差し - 外差し [35.1-36.3]
12年: 外先行 - 外追込 [35.8-35.1]
13年: 内先行 - 外追込 [35.7-37.1]
14年: 内先行 - 内追込 [35.1-36.4]
15年: 中差し - 内先行 [35.5-35.1]

●過去5年ラップタイム
11年: 12.4 - 11.0 - 11.7 - 11.6 - 11.7 - 11.9 - 12.1 - 12.0 - 12.2 [35.1-36.3]
12年: 12.3 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 11.7 - 11.8 [35.8-35.1]
13年: 12.6 - 11.5 - 11.6 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 12.5 [35.7-37.1]
14年: 12.3 - 11.3 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 11.8 - 12.4 - 12.2 [35.1-36.4]
15年: 12.3 - 11.6 - 11.6 - 12.1 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 11.8 [35.5-35.1]

※13年は函館競馬場で開催

位置取りも大事だけど、
そこだけ意識してたら無欲の追込馬を拾えなくて泣きを見るってところでしょうか。
今年も前で勝負した馬が多く、
キャトルフィーユが勝った14年みたいな形になると見た。


● 結論
◎ ウインプリメーラ
○ シャルール
▲ ナムラアン
△ マコトブリジャール
△ ロッテンマイヤー
△ マイネグレヴィル
△ リラヴァティ

操縦性の高いウインプリメーラと福永騎手のコンビはドンピシャ。
ヴィクトリアマイルではさすがに崩れたが、
それ以外はコンスタントに走れておりここでも上位争いを。
シャルールは先行勢の後ろでチャンスをうかがう乗り方になりそう。
末脚で勝負する展開になればこの馬。
マーメイドSは不発に終わったナムラアン
しかしこの馬は定期的にコケるので今回サラッと巻き返しても不思議はない。
札幌の馬場も合いそう。

あとは謎の激走もう一回あるかマコトブリジャール
古馬相手で真価が問われるロッテンマイヤー
逆に前が残る形になったらマイネグレヴィル
大外枠から脚を使わず先行という難題が待ち受けるリラヴァティ



アイビスサマーダッシュはパスしますわ。