中京に移ってから今年で5年目。
「勝ちルート」の傾向としては、やはり内有利。
差し馬でも届いてはいるが、
大外を回らず4角を上手にクリアするのが上位進出のカギになっている。
連対圏突入には速い上がりが求められ、
いかにも近年のダート重賞のトレンドが反映されている印象。

◎ ニシケンモノノフ
○ ブライトライン
▲ タガノトネール
△ グレープブランデー
△ ダノングッド
△ キングズガード
△ ノボバカラ

何度目か知らんけど充実期に突入した感のあるニシケンモノノフ
上がりが速くなっても適応できるし、
左回りで渋った馬場というのはベスト条件ではなかろうか。
約1年、重賞タイトルから遠ざかっている岩田騎手の昇天ガッツポそろそろあるで。

復活の気配が見られるベテランのブライトライン
モーニンやノンコノユメと戦ってきた割に人気薄のタガノトネールを厚めに。
タガノトネールはもうちょっと内枠がもらえていれば本命もあった。