川田騎手とのコンビで日本ダービーを制したマカヒキだが、
凱旋門賞はルメール騎手とのコンビで臨むことが正式に決定した。

ふーむ。

先日、「現地のジョッキーで」という報道があった際には、
まあそんなもんでしょうねという印象だったが、
ここで元サヤでルメールに戻ると聞くと軽くもにょる。
何がこうも感覚が違うんでしょうね。

世界制覇へ万全を期して現地のトップクラスへ依頼というのならわかるけど、
日本ダービーで負けたジョッキーに世界へのバトンが渡ることへの違和感かな。
もちろんルメールが悪いわけじゃないけど。
川田くんへ乗り替わったのもあくまで代打、
サトノダイヤモンドとかち合わないならマカヒキはルメールのものですよ、てか。
それはそれでひとつの考え方ですし否定するわけではないけれど、
ダービージョッキーですら代打に過ぎないという扱いを受ける時代がやってきたのは事実。
情に流されないのは勝利の鉄則。

これで「ルメールとマカヒキのコンビなんて応援できない」なんて言うほど頑固マンじゃないけどね。
正式に馬券も買えるようになったみたいだし、楽しみにしてる。