日本ダービーの余韻も冷めぬままに。

◎ タッチングスピーチ
○ マドリードカフェ
▲ マリアライト
△ レコンダイト
△ ヒットザターゲット
△ スーパームーン
△ クリプトグラム

ディープインパクト牝馬ながら加速に時間を要するタッチングスピーチにとって、
そこまで上がりが速くならない東京2500mは最適コースと見た。
ハンデ1キロ差で女王マリアライトに迫る。

穴は大阪−ハンブルクCでも一発かましたマドリードカフェ。
得体の知らない今こそが連続激走のタイミング。
あとは昨年の1、2着馬を絡めつつ。
9Rむらさき賞でブライアンズタイム産駒が勝っていたのでスーパームーンも。