●過去5年「勝ちルート」
11年: 外差し - 外追込 [33.5-36.0]
12年: 内先行 - 内先行 [34.4-34.2]
13年: 内先行 - 中差し [34.6-34.2]
14年: 内逃げ - 内差し [34.7-34.3]
15年: 内先行 - 内先行 [34.3-35.0]

「マイルは短いけど直線の長い東京なら」は間違いではないかもしれないが、
ことヴィクトリアマイルに関しては完全に地雷ワード。
牡馬相手に活躍してきた牝馬が正攻法で挑んだ結果、
ラチ沿いを上手に回る伏兵たちに軽くヒネられてきた歴史を重く受け止めよう。


● 結論
◎ ミッキークイーン
○ クイーンズリング
▲ マジックタイム
△ ウインプリメーラ
△ スマートレイアー
△ レッツゴードンキ
△ ショウナンパンドラ

と言いながら本命はミッキークイーン
オークスと秋華賞の二冠馬ということで、
いかにもここだと差し損ねそうなキャラだが、
この馬は馬群を割って伸びてこられるのが強み。
阪神牝馬Sを見てもマイルが明らかに短いという印象はなく、
これまでの不発に終わった系女子たちとはひと味違う。
唯一心配なのはゲート。
だいぶマシになってきているし、偶数枠なら五分に出られないか。

クイーンズリングはレースが上手。
オークスやエリザベス女王杯みたいな真っ向勝負になるとつらいが、
この舞台なら排気量不足を機動力で補える。
もちろん伏兵にミルコの組合せも魅力。

ハーツクライ産駒らしい上昇カーブを描くマジックタイム
過去のイメージでは追込一辺倒キャラだったが、
ここ最近は自在性が出てきた。
ダービー卿CTでも空いた内からいつの間にか差してきた。
今の勢いと、それを活かせる舞台で一発を。



ウインプリメーラは上がりの脚が足らん気もするけど内枠の川田騎手。不気味。
先行できるようになったスマートレイアーは3度目の正直といきたいが、
跳びが大きいのがもしかしたらここ向きじゃないのかも。
一瞬でグンとスピードを上げるタイプじゃないですよね?

レッツゴードンキは牡馬挑戦で評価を落とした実績馬の巻き返しパターン。
先行脚質ならなおさら要注意。
最後の最後はショウナンパンドラ
ジャパンC勝ち馬様の底力に屈する覚悟も必要。

もちろん他にも買いたい馬はいた。
ウリウリ。外枠なら問答無用で切れるのにw
東京はちょっと直線が長すぎるということにした。
ルージュバックはたぶん馬群に突っ込めないだろう。間に合わないはず、きっと。
ストレイトガール。この枠なら出していかねば。それだと末が鈍る。
こわごわ印を回さなかったのはこのあたり。