安西先生..競馬がしたいです。
雪が心配ですが、どうか中止になりませんように。

● 展望エントリのおさらい
・ 内外の有利不利はさほど気にならない
・ 前半からペースが緩まずラストはガマン比べ
・ G1につながるハイレベルなレース

ゴマカシの利かない平均ペースの消耗戦。
地力が問われるだけに伏兵の台頭は難しいと見たが、
極端な展開になれば一角崩しも。


● 結論
◎ ローマンレジェンド
○ ロワジャルダン
▲ アスカノロマン
△ ダブルスター
△ インカンテーション
△ グランドシチー
△ モンドクラッセ

G1馬ローマンレジェンドの意地。
8歳を迎えたがまだまだ衰えは見せておらず、
むしろ渋みが増した佐々木蔵之介みたいなイメージ。
歩んできたキャリアの違いを見せつけたい。

とはいえさすがに全盛期の勢いには陰りがあるのも事実。
昨年はG3でも3戦したが3着が最高だった。
何かもうひと押しが欲しいなと思っているところで、
着目しておきたいのが斤量。
これまでG3ではグレード別定で2キロ増の58kgを背負わされていたが、
今回はG2なので1キロ増の57kgで走れる。
この1キロのアドバンテージはもしかしたら大きくないか。
みやこSではロワジャルダンにアタマ+クビ差だけ及ばなかったが、
斤量差が詰まれば逆転だってありえるはず。

当面の相手はロワジャルダン
チャンピオンズCでも4着と善戦し、今季はG1を目指す立場。
ただ、ここ2戦は伏兵の立場を活かしたイン強襲が奏功しており、
人気を背負う立場で、安全策で乗られたときに甘さを見せないかが焦点。
いわゆる「横綱相撲」で勝てればいよいよ本物。

アスカノロマンはみやこSで4着。
ゴール前でブレーキを踏む場面があってのもので、
まともならもう少し際どい勝負になったかも。
しぶとさを活かせる舞台は向くと思うので、
今回もロワジャルダンに食い下がりたい。



2年前4着だったダブルスター
休み明け割引のインカンテーション
年イチここで激走するグランドシチー
単騎逃げで巻き返したいモンドクラッセまで。