目標の1,000円→5,000円が近づいてきた複コロ。
残り2週、1.1倍でも2コロ続ければ到達する。
その大事な役割を託す。

●阪神11R 朝日杯フューチュリティS
◎ エアスピネル

複コロにはできるだけ自滅しないタイプを選びたいものである。
スタートが上手で、折り合いに心配がないエアスピネルはまさにその理想形。
展開も馬場も不問。
どんな条件になろうとも走れる強みがある。
まだキャリアは2戦と浅いだけに、
内枠が当たって揉まれるようだと不安も残ったが、
ちょうどいい6枠11番が当たりその心配も解消された。

デイリー杯2歳Sの圧勝を見る限り、
現時点で世代のトップクラスにいることは間違いない。
よほどのことがない限りは、
武豊騎手の大記録達成を見届けられると思うが..



真っ向勝負でエアスピネルを負かせるのは、
リオンディーズとイモータルのどちらかと見た。

もっともリオンディーズの参戦には疑問を抱きたくもなる。
厩舎の都合、馬主の都合、ジョッキーの都合..
色々と事情があるとは思うが、
2000mの新馬戦を勝ち上がったあとにマイルへの距離短縮。
まして折り合いに苦労しそうなタイプだけに、
ここで短い距離を経験させることがクラシックへの道を険しくしてしまわないか。
しかも今回も外枠。まともに引っ掛かってしまうのでは..と心配が尽きない。

だが、そんなタブーも次々に破られていくのが競馬の世界。
これまでも様々な前例が覆されてきた。
ここで新たな成功パターンを築き上げるかもしれない。
それを成し遂げるだけのポテンシャルは秘めている。

現実的な考え方でいけば相手はイモータル。
サウジアラビアロイヤルCは差し届かず敗れたが「負けて強し」。
前売時点ではシュウジやボールライトニングと同程度の評価に甘んじているようだが、
スケールでいえばそこよりは上の場所にいるはず。

7-11の馬連が10倍近くつくなら、遊びで持っておいてもいいよね。