シュヴァルグランがオリオンSに出走を予定している。
現在、500万下→1000万下と連勝中。
いよいよ素質開花へ待ったなしである。

春は重賞で揉まれてきたわけだが、
どうにも追走に余裕がなくダラダラと脚を使わされている印象があった。
条件戦なら当然メンバーも軽くなるのでそのへんが楽になっただろうし、
距離が2400mに延びたのも好材料。
それに加えて自身の成長と、
上昇カーブを描くならまさに今というタイミングが訪れている。
労せず好位を取って、抜け出したい時に抜け出す盤石の内容で連勝を飾っている。

これなら準OPすらも通過点にしてしまいそう。
今回も登録段階で頭数が少なく、そこまで強い相手も不在。
もちろん油断はできないが、楽しみはもはや「重賞でどれだけやれるか」。
年が明ければ日経新春杯や京都記念と適鞍が待ってくれているわけですし。

はい、今週も複コロで使わせてもらうつもりです。もう元返しはないでしょうw