● メンバー構成
ラブリーデイがエースではいかんのか?
今年の日本勢はレベルが..と言われ続けて迎えるジャパンC。
確かにドゥラメンテはいないし、
ジェンティルドンナ級の実績を携えた古馬も不在。
ゴールドシップもいつものあの調子では、
ドルニヤやフリントシャーが「勝ちに来る!」なんて情報が流れても仕方のないところ。
でも結局は来ませんでした。

代わって名乗りを上げたのはミッキークイーン。
秋華賞をレコードで制しオークスに続く二冠を達成。
かつてファビラスラフインがシングスピールを相手に2着した時は驚かれたものだが、
もはや3歳牝馬がこの舞台で存在感を示しても何ら不思議はない。
天皇賞で外枠から追い込んで4着だったショウナンパンドラと合わせて、
「強い牝馬」が台頭するのも近年のジャパンCの傾向通り。

外国勢では凱旋門賞5着のイラプトが筆頭格。
イトウはどうやら逃げ馬らしく、自分の形を貫いて見せ場を作るか。

そしてゴールドシップは何を考えているのか。

いつものパターンと違っていきなり結論。

● 結論
◎ ラブリーデイ
○ ショウナンパンドラ
▲ ミッキークイーン
△ ラストインパクト
△ イラプト
△ サウンズオブアース
△ ヒットザターゲット
△ カレンミロティック

ラブリーデイの優位は動かない。
下積み生活が長く、レースぶりにも派手さがないタイプだけに、
なかなか全幅の信頼を集めにくいのはわかるが、
休養を挟んでの4連勝でG1を2勝したその所業は敬意を表すべきもの。

ベストは2000m。折り合いに進展はあるとはいえ気は遣うところ。
もし昨年みたいにハイペースになったら末脚が削られるのではという見方もできるが、
そんなことをグズグズ言われながら全てを跳ね除けていったゼンノロブロイが思い出される。
天皇賞→ジャパンC→有馬記念と走る度に強い内容で勝っていった。

正直、最内枠は危ないと感じていた。
外にイトウやカレンミロティックなど先行馬がいて、
1角へ進入するときに外からの押圧が強いと、
いつもより後ろのポジションになるんじゃないかと..
そこで安全策を選んで外を回すと負けパターンにハマる。

でも土曜の競馬を見ていると、
みんな内を避けながら4角を回ってるんですよね。状態の悪い部分が広がってる?
特に力のない先行馬が内を開けるので、
早々にバテた後は「ご自由にどうぞ」状態。
だからたとえ前を取れなかったとしても、
じっくり構えていれば自然と目の前にはビクトリーロードが広がってくるはず。
川田騎手はそこを読み違えないこと。
引いて外を回して失敗した昨年の日本ダービーと同じ轍は踏んではならない。

相手にはショウナンパンドラを連れて来てください。
池添騎手との手が合うのか、
宝塚記念で3着と善戦してからの充実ぶりは目覚ましい。
天皇賞くらいの脚を使えれば十分にチャンスはある。
ミッキークイーンはまだゲートが心配。
このクラス相手になると、レース中に少しでも歯車が狂うとガタガタになる恐れがある。
スタンド前で奇数枠..うーむ。



ゴールドシップは普通に考えれば消しでいいと思うんです。
ゲートで何をするかわからないし、
まともに出たところで実績の乏しい東京コース。
スローペースを後方でついて回るだけ..みたいな何も残らないレースになることも想像できる。
とりあえずは無事に..と言いつつ別口で単勝は持っておくつもり。