明日は京都競馬場に何時に行くかすっげえ迷ってる。
恐らくそこまで混むとは思えないし、
早起きがイヤというより早く着きすぎてやることがないのがツラい。
かといって油断カマして4角の方にまで追いやられるのもなあ..
杉本清さんや大坪元雄さん、馬場アナのトークショーも見たいし..
ごにょごにょと考えてると8時くらいが妥当かな。
ただ、今日の自転車で疲れたよ私は。起きられる自信ナシ。

さあ、せっかくなので当てようマイルチャンピオンシップ。


● 馬場
先週の雨がどんな影響を及ぼすか土曜の競馬で確認してみたが、
どうやら極端に外が有利みたいなことにはなっていなさそう。
かといってラチ沿い取りゲームというわけでもなく、
ある程度はどこを通っても極端な有利不利はないと見ていいのでは。

● 展開
平均ペースかなあ。そこまで前傾にはならないと予想。
逃げ宣言ぽいコメントを残しているのはケイアイエレガント。
それにレッツゴードンキが続く形で2番手、
あとはアルビアーノ、発馬五分ならレッドアリオン、
カレンブラックヒルにリアルインパクトあたりが好位集団を形成し、
イスラボニータは恐らくそれらの後ろ7〜8番手を想定。
サトノアラジンやフィエロ、ダノンシャークらディープインパクト産駒の有力どころは、
例によってじっくり構えて直線にかける形。
読めないのはモーリスの出方。
好位差しを決めた安田記念でもスタート自体は悪く、
今回もポンと好発を決められるとは考えにくい。
外枠から仕掛けていってもスタミナをロスするだけなので、
出たなりの位置でジッとしているのではなかろうか。

先行勢にそこまで強い馬がいるわけではないので、
直線早々に脚をなくした何頭かの間を割ってのイン差しも十分に狙えそう。
今週から使うCコースだと外に振られるロスも大きくなるので、
できれば馬群を割って突き抜ける形が望ましい。

● 結論
◎ イスラボニータ
○ サトノアラジン
▲ フィエロ
△ ヴァンセンヌ
△ アルビアーノ
△ リアルインパクト
△ ダノンシャーク
△ モーリス

好位差しのスペシャリスト、イスラボニータから。
「外を回さず馬群を割ってくる」という条件を、一番ソツなくこなせるのはこの馬。
とはいえ一番のポイントは、
天皇賞で外枠発進から差す競馬で3着に善戦したように、
皐月賞馬の実力がサビつくことなく保たれている点にある。
相手関係がワンランク落ちるマイル戦線なら、
久々の勝利をG1制覇で飾る可能性は高いと見た。

2番手3番手は重賞未勝利のディープインパクト産駒。そして外国人騎手。真ん中の枠。
サトノアラジンはマイル戦線に舵を切ってから才能がようやく開花。
京都マイルが初めてという点に未知の魅力を感じる。
フィエロは昨年ハナ差の2着。
スワンS届かずからの参戦も昨年と同じで、
ミルコ騎手とのコンビ2回目でさらなる前進があれば悲願達成も。



あとはとりあえずディープインパクト産駒は拾っておけというスタイル。
ヴァンセンヌとか内枠だし一発あってもいいと思うんだけど。
モーリスはできれば今回は大人しくしといてほしい..