● 馬場とか展開とか
外差しも間に合う東京の芝コース。そこに雨。
もしかしたら内は壊滅かもしれない。
そこまで極端なコンディションにはならないかもしれないけど。
そして展開。
過去の傾向を見ても、そこまでスローにはならなさそう。
スズカデヴィアスかメイショウカドマツか..
いずれにせよ良馬場なら60秒そこそこ、
道悪でも61秒程度のラップで流れると見た。

● 有力馬の位置取りは
前売時点で抜けた1番人気になっているゴールドアクター。
外枠を引いたこともあって乗り方が難しくなった。
注文をつけてでもロスなく回るために先行するか、
それとも出たなりの位置で折り合いをつけるか。
なかなか難しい状況に置かれた。
ポジションを取りに行くのはスーパームーン、マイネルフロスト、ニューダイナスティ。
馬群はタテ長で進むことになりそうで、
プロモントーリオやヒラボクディープ、レコンダイト、レーヴミストラルあたりは、
じっくり中団から後方で脚をタメる展開に。
直線は差し馬が台頭、34秒台の上がりでも間に合う消耗戦を想定。


●結論
◎ レコンダイト
○ ゴールドアクター
▲ ラブイズブーシェ
△ マイネルフロスト
△ フラガラッハ
△ プロモントーリオ
△ ヒラボクディープ
△ メイショウカドマツ

渋った馬場もこなす、消耗戦に強いハーツクライ産駒レコンダイトから。
目黒記念で2着と好走しながらも、
その後は2戦続けて見せ場すらない完敗。
しかし休み明けを叩かれて適条件に戻れば激変は十分に可能。
もともと京都大賞典で印を打った段階で、
「アカンかったらアルゼンチン共和国杯で仕切り直し」のつもりだったし。

ゴールドアクターは本当に強いかもしれない。
父と同じ道..が強調されるのは余計なフラグにしか感じないが、
充実著しい今ならアッサリ人気に応えてしまうかも。
北海道の馬場でも苦にすることなく走れているのを見ると、雨が降っても大丈夫か。

消耗戦の特注はラブイズブーシェ。
凡走が続いており全くのノーマークだが、
速い上がりを必要とせず前が止まる流れになれば台頭があってもいい。
馬主さんの勢いも不気味w



立ち回りで勝負したいマイネルフロストはできればスローペース希望か。
距離も若干長い気がするが、人気薄ならマークしておきたい。
フラガラッハは前崩れ便乗要員。
長期休養明けの前走が鮮やかだったプロモントーリオも塗っておかねば。
あとヒラボクディープはパワー馬場寄りのディープインパクト産駒ということで。
メイショウカドマツはペースを落とせたら。こちらも馬場は渋ってもOK。

単勝◎と馬連でながしつつ。○▲の組合せも持っておくいつものパターンで。