客観的に見れば仕方がない判断なのかもしれないが、
すっかり情が移ってしまっているだけに寂しい。
アイライクマートンサン。

■マートン日本で他球団への移籍示唆 (デイリー)
阪神のマット・マートン外野手(34)が13日、出国前の関西国際空港で、複雑な心境を吐露した。来日6年目の今季は140試合の出場で、打率・276、9本塁打、59打点。来季の去就は流動的で初めて日本の他球団で、プレーする可能性を示唆した。

「(今後は)自分もどうなるか分かりません。もし阪神からお話をいただけたら耳を傾けて考えたい。神戸は第二のふるさと。違うチームでプレーすることになれば、それはすごく大きな動きになる。6年間、タイガースでやるべきことはある程度、やったという気持ちはあります」

助っ人は退団を覚悟したように「タイガースで6年間、プレーできたことに感謝しています」と繰り返した。ただ、チームの動きを敏感に察知。「この1年、タイガースで最後になるかもしれないと思って、プレーしていました。球団としても監督が代わるし、引退する選手もいる。チームとして、変わっていく時期なのかなと思います」と受け止めた。

日本通算では832試合に出場し、打率・310、77本塁打、417打点。首位打者1度、最多安打を2度獲得し、今季は1000安打を達成。猛虎で輝かしい足跡を残した。

取材を終えると、自ら歩み寄り関係者、報道陣全員とがっちり握手。マートンはおだやかな笑みを浮かべて、日本を後にした。

コスパうんぬんは置いといて、
あの左翼手として最低レベルの守備に目をつむるには、
.350 20 100 くらいはクリアしてもらわなければならない。
昨年なんかはその域に近づいていたが、
調子を崩してしまうと元々が打率の割に出塁率が低く、単打が多いタイプだけに、
そろそろ見切りをつけるタイミングがやって来たと言うべきだろう。

しかし思い入れの強い選手である。
助っ人ながら6年間も阪神に在籍してくれた。
初年度からいきなりシーズン最多安打記録を更新し、
「自前」の外国人野手ではオマリー以来の神認定を与えられると、
その後もコンスタントに数字を残し、長く主軸を務めた。
メンタル面で不安定さがトラブルを呼ぶこともあったが、
今となってはそれも良き思い出。

このままタテジマのユニフォームに別れを告げる可能性が高そうだが、
もしそうなった場合、
これだけの功労者に対してお別れができる場が設けられれば..と願っているところ。
タイミング的に難しいのはわかっているが..