ようやく神戸新聞杯が楽しみになってきた。
よかった。病気じゃなかったオレ。
過去の神戸新聞杯の動画を見ていても、
やっぱりこのレースは見応えがある。
阪神競馬場のリニューアルで外回り2400mになった07年以降、
勝ち馬は「G1連対馬」か「イコピコ」のどちらかという格式の高さ。
なぜかペースもあまり緩まず、
全体的にビッシリ負荷がかかって力通りに決まりやすい傾向にあり、
ここで大敗してしまうと菊花賞でもほぼ出番なしという、
やり直しの利かない過酷なサバイバルレースである。

その傾向どおりにいくならば、今年はリアルスティールで何もない。
ドゥラメンテが戦線を離れた今、
3歳牡馬路線をリードしていくのはこの馬。
だが、今回は軽度とはいえ骨折明けで、
最後に伸びを欠いた日本ダービーの内容的にも、
もしかしたら2400mはちょっと長いのかもしれないという疑念も。

場合によってはイコピコの再来が出現するかもしれない。

ここで馬券になるかは別にして、注目しているのはマッサビエル。
あのメジロドーベルの孫が、4戦3勝の実績を積み重ね菊路線に挑む。
先日もトウショウ牧場の閉鎖というニュースがあり、
もう昔からの牝系をつないでいくにも、
大正義ノーザンファーム様のお力添え無しには難しい時代がやってきたようだが、
形はどうあれ競馬を好きになり始めた頃の名牝の血が再び脚光を浴びることになれば..

欲を言えばここは4着5着くらいで爪を隠しておいて、
本番で大駆けみたいな形になれば馬券を買う甲斐も出てくるというもの。

うん、とりあえずトライアルはリアルスティールに持って行ってもらおう。