ノンコノユメは強いですねえ。
距離もコースもユニコーンSとは全く違う条件で、
ジャパンダートダービーを優勝。
逃げるクロスクリーガーを捕らえる時の脚色は素晴らしかったです。
450kgそこそこの馬体でガチムチ勢を一蹴するその個性、
世代を超えた戦いでも通用するかもしれません。

夏もアツいダート路線、今週はプロキオンS。


● メンバー構成
いかにも条件が向く「ココ狙い」の馬が多くて目移りする。
ダート重賞はいつだってそう。
昨年ワンツーのベストウォーリアにキョウワダッフィー、
2年前の勝ち馬アドマイヤロイヤル、
G1馬グレープブランデーに追込み得意のワイドバッハ..
誰が勝っても「やっぱり」と思える。
さらに1400mのOP特別を連勝中のレッドアルヴィスに、
出遅れる逃げ馬という新ジャンルを固めつつあるコーリンベリーと
若い力も着実に育ってきている。

● 展開と隊列
コーリンベリーがちゃんと出るかどうかw
いずれにせよハナを叩くのは酒井学のサマリーズと見た。
トシキャンディの再現なるか。
先行集団にはコーリンベリーを含め、
キョウワダッフィー、ベストウォーリア、タガノトネール..
その後ろにレッドアルヴィスやエアハリファ、アドマイヤロイヤルらが付ける形。
外枠のワイドバッハやグレープブランデーは出たなりの位置になりそうで、
すんなりと隊列は決まりそう。
前半3Fは34秒台半ばで入る見立て。
簡単に前は止まらず、直線でどれだけ脚を伸ばせるかの勝負になりそう。

● 結論
◎ レッドアルヴィス
○ エアハリファ
△ コーリンベリー
☆ ベストウォーリア
☆ アドマイヤロイヤル
× キョウワダッフィー
× ワイドバッハ
× グレープブランデー

充実著しいレッドアルヴィスから。
今年に入っての2勝はともに1400mのOP特別で、
ソツなく好位を取って抜け出す形が板についてきた。
他の有力馬が斤量だったり休み明けだったりで不安を抱える中、
理想的なステップで臨めるのも買いやすい材料。

エアハリファは休み明けでも問題なく走れるタイプ。
左回り1400mで崩れるイメージがない。

展開の紛れがなければこの2頭での決着濃厚と見たが、
コーリンベリーが自分の形に持ち込めれば勝機も。
ただ、どちらかといえば足抜きのいいダートで結果を残してきており、
パサパサの馬場になった場合どうかという疑問。

以下省略。
ワイドバッハやグレープブランデーでも◎との馬連がそこそこの配当になりそう。