ホッコータルマエもコパノリッキーも、
まとめて負かしてしまうだけのポテンシャルを秘めるゴールデンバローズ。
ドバイ遠征では大差をつけられての3着に終わったが、
地力を発揮するのが困難な海外のレース結果で、
評価を高めこそすれ下げる必要はない。

未勝利戦からダートで3連勝。
特にヒヤシンスSの勝ち方は圧倒的で、
久々に「ああ、出たな」という喜びを感じさせてもらった。
負かした相手の中に統一重賞を楽勝するクロスクリーガーがいたのもポイント。

願わくば、期待ハズレだとか予期せぬアクシデントだとか、
そういうのはナシでこのまま順調に出世していってほしい。
ホッコータルマエのことは好きだけれど、
いつまでも彼が不動のチャンピオンではいかんのですよ。
王座を脅かし、できることなら一気に世代交代を成し遂げるような革命児であってほしい。

「国内ダート無敗」の看板を背負ったまま、いざ秋へ。
同世代の戦いで敗れるわけにはいくまい。その勝ちっぷりを楽しみにしておく。