今さらな気もしますけど、米国にも三冠馬が出ましたね。37年ぶり?
ケンタッキーダービー・プリークネスSを制すも、
最後のベルモントSで力尽きるパターンを何度も見てきましたが、
今回は余裕の圧勝でしたね。
しかしアメリカンファラオ、なぜ綴りを間違えてしまったのか。
適当に名付けた馬や名前を打ち間違えた馬が活躍するのは競馬ゲームあるあるだけれど、
現実の世界でもそれが起きてしまうとは。
先日発表されたレーティングも128ポンドで文句なしの「世界一」。

そんな華やかな世界を尻目に、明日もコツコツと複コロ。

● 東京9R 八王子特別
◎ ロワジャルダン

さすがにコレは1.1-1.1倍になりますかね..それも覚悟で。
現級勝ちの実績がある降級馬。
3歳時にはOP伏竜Sでランウェイワルツらと接戦してきた経験もある。
前走は2月の金蹄S。
ナリタポセイドンの追い込みがハマる前崩れの展開ながら、
最後までバッタリ止まらず食い下がったのは能力の裏付けに他ならない。
それ以来の実戦ということで間隔は開いているが、
1000万下を勝った時も長期休み明けだったのでポン使いも心配無用。
スタートも速く好位を取れる機動力があるので、安心して見ていられるはず。

明日は他にも強い降級馬が多い。
阪神8R平場のファイヤーロック、
東京10R江の島特別のレッドオリヴィア、
あとは阪神10R舞子特別のエイシンペペラッツなど、
一気に畳み掛けたいくらいのラインナップ。畳み掛けないけど。