今年のPOGでは日本ダービー出走を目標としており、
皐月賞4着のブライトエンブレムがその使命を果たしてくれそうだったのですが、
残念ながら裂蹄のために回避が決定してしまいました。
ことごとく期待馬がズッコケてしまった今シーズンの我が軍を引っ張ってくれたエース。
できることなら最高峰の舞台を踏んでほしかったのですが、
こればかりは仕方がありません。

その代わり..というわけではありませんが、
シュヴァルグランが京都新聞杯から日本ダービーを目指します。
2着での本賞金加算では恐らく厳しそう、
残された切符はわずかに1枚。
皐月賞を諦めて軌道修正を計るポルトドートウィユ、
毎日杯で先着を許したダノンリバティやアルバートドッグ、
2歳時に葉牡丹賞で好時計をマークしたトーセンバジルなど、
簡単にはいかないメンバーたち。

出脚が鈍く、どうしても後方からの競馬になってしまうことが多い現状、
馬場も引き続き良好となると、
なかなか差し切るイメージまではわかないのが本音。
ハーツクライ産駒らしく、距離延長でどこまで良さが出るかに期待といったところでしょうか。