一度は引っ込める予定だった春の天皇賞へ再チャレンジするゴールドシップ。
出走が決まった段階では、
キズナともどもバッサリ消して好配当狙うやで〜などと考えていたが、
いざレースが近づくと「三度目の正直」に想いを寄せてしまうのであった。

先週の競馬を見ていても、京都の芝コースは例年と変わらぬ高速馬場。
過去2年はスタートも悪く、後方からの競馬。
息が入らないマラソンレースでは途中でポジションを押し上げていくのも難しく、
結果的にラスト800mで強引に差を詰めにかかるも前も止まらず、
最後はダラダラとしか脚を使えずに入線というのが負けパターンになっている。
せめて直線の入り口で前を射程圏内に入れる競馬ができれば、
また違った結果も残せそうなものだが..

無理だ、厳しいとわかっていても応援してしまう。
ゴールドシップへの愛情もいい加減に冷めてきたと感じ始めて1年以上が経つが、
未だにこうしてカッコいいところが見たいという願望は変わらぬまま。
本当に厄介なものだ、感情というものは。

きっと日曜は「買わない」と誓っていたはずの単勝馬券と共に戦況を見守ることになるだろう。

>関連エントリ: ■【回顧■阪神大賞典】ゴールドシップ笑顔なき三連覇