プロ野球の試合がじっくり見られるのは週末くらいなもので、
土日くらいはその分もいいゲームが見たいものですが、
なかなか藤浪晋太郎がピリッとしてくれませんね。

数字だけを見れば、
ここまで4試合の先発で1勝1敗、防御率は3.33の3試合連続QS中。
先週の読売戦も7回2失点と及第点。

なんだけれども。

見ていて非常にイライラするというか。もどかしいというか。
まず狙ったところにボールが行かない。カウントが悪くなる。
そのまま歩かせることもあれば、
ストライクを取りに行ったところを痛打されるパターンな。
特に左打者の場合はそれが顕著。
相手のレベル不問で捉えられる。

あとだいたい先制されるよね。
長いイニングを投げて試合を作ったとしても、
追う展開に持ち込まれるとしんどい。
特に打線がまだ冷えてるこの時期は。

フィールディングも悪いし、こないだも投ゴロからの二塁転送が悪送球になってた。
辛うじて後続を断ったから事なきを得たものの、
突きつけられている課題のレベルが低いことに頭を抱えてしまう。

これくらいのハードルはさっさと飛び越えてくれよ。

言うまでもなく藤浪は阪神の至宝。
ゆくゆくは開幕投手を務め、
エースとしての役割を果たす宿命にある投手。
高卒から2年連続2ケタ勝利を残し、
今年もきっちりローテの一環を務める21歳に対して、
何を贅沢なことを言っているのかと思われるかもしれないが、
現状のぐう凡な投球から卒業して、
手も足も出ないような、名前を聞いただけで相手が「やめてくれよ..」と思うような、
圧倒的な投手になってほしいわけですよ。

かつてダルビッシュ有らが大きく飛躍した3年目のシーズンも、
どうやら昨季までと大差のないレベルに終着してしまいそうな予感。
もちろん成長の過程など人それぞれではあるんだけれど、
できることなら少しでも早く「どうだ、オレたちの藤浪すごいやろ」と見せびらかしたい。

次の日曜も、その足跡を楽しみに。きっとイライラさせられるんだろうけどw