皐月賞はもともと買う予定のないレースだったので言いたい放題に書きますよ。

単勝1番人気はリアルスティールなんですね。
てっきりサトノクラウンが2倍台半ばくらいの支持を受けると思っていたんですが、
サトノ冠に対する世間の評価はシビアなようです。

ただ、少なくとも今回に関しては十分に信頼に足る駒だと思いませんか。
そこそこ締まったペースの弥生賞を好位付けから抜け出して後続完封。
それだけでも十分なのに、
東スポ杯2歳Sでは馬群を割ってこられる気性の主であることも証明しており、
正直なところ付け入るスキがないよね。

これだけのエリートコースを歩んできたにもかかわらず、
今まで単勝1番人気に支持されたことがないというのが、
どこか不安視されながら勝ち進んできたことを物語っており、
3戦3勝で迎える今回も2番人気での勝利となれば、
それはそれで「この馬らしさ」の表れなのかもしれない。

リアルスティールはスプリングSで初黒星となる2着。
誰がどう見ても一番強いのはこの馬だったが、
機動力勝負になると取りこぼしてしまうのは、
ディープインパクト産駒の若駒の宿命なのかな。
ただ、ワールドエースやキズナに比べれば操縦性にも長けたタイプに映り、
15頭立てと条件にも恵まれたことも考えれば、
サトノクラウンは捕まえられなかったとしても無難にまとめて日本ダービーへ、
という形になりそうな。

この2頭は素直に評価した方がよさそう。

割って入るなり、3番手に潜り込むのを探すなら、
ベルーフやミュゼエイリアン、
それから人気でもドゥラメンテにキタサンブラックあたりになるか。

土曜9Rの山藤賞が2分を切るタイムで決着しており、中山の馬場は内が良さそう。
もし2頭に一泡吹かせるとしたら、立ち回りゲーに持ち込めた時か。
スプリングSの再来を狙ってキタサンブラック、
皐月賞で前受けといえばミルコのドゥラメンテが普通に有力。
ドゥラメンテは共同通信杯が終わった当初「皐月賞はこの馬」と思ったほど。

8→5→(   )か8→(   )→5で3連単も取れるんじゃないでしょうか。知らんけど。
ブライトエンブレムはこの枠だと下げるしかないし、
馬場も速そうなのでもう諦めてます。
日本ダービーでもうワンチャンありますように(雨乞い)。