京都記念が終わった瞬間、誰もが思ったはずだ。
「ああ次はキズナ楽勝やな」と。
長期休養明けで大幅馬体増、
前残りの展開を僅かに差し損ねただけ。
さすが日本ダービー馬、さすが凱旋門賞4着馬。
武豊と共に再びスターダムを駆け抜けろ――と。

実際、僕もそう思ったけれども、いざ舞台が整うとそう簡単でもない情勢に。

●馬場
今週からBコースを使う阪神の芝。
土曜の競馬を見た印象ではインを取っておきたいコンディションであり、
逆に内回りで外を回してるようでは間に合わない恐れが。特に多頭数なら。
昨年はじっくり構えるスタイルを貫いたキズナ、
8頭立てだった昨年は問題なく間に合ったが、
今年は距離ロスを覚悟すべきだろう。
まして日曜は朝から雨。
本当に強い馬は道悪など不問で結果を残すものだが、
キズナがそこまでの器なのかは未だに何とも言えない部分がある。

●展開
大阪城Sでも果敢に逃げを打ったゼロスが行くか。
それをカレンブラックヒルが追いかける展開を想定。
直後にはロゴタイプ、デウスウルトやラキシスもある程度の位置を取りに行く。
折り合いに注力したいエアソミュールは中団馬群の中。
ショウナンパンドラは出たなりのポジションで。
スピルバーグも追い込みに徹するだろう。恐らくキズナの位置を気にしながら。
なかなか極端なスローペースになることは稀な大阪杯、
恐らく前後半フラットくらいの展開になるのでは。

●結論
◎ カレンブラックヒル
○ ロゴタイプ
△ キズナ

カレンブラックヒルが鉄板ムードをぶち壊す。
かつての3歳マイル王も一線級相手では力量不足を露呈。
ここ2年はG3で勝ち星を挙げるのが精一杯の状態が続いている。
とはいえ敗れたレースも着順こそ悪いが差は僅かなケースもあり、
一概に「マイルで格下相手に星を拾っているだけ」と見切るのは早計。
特に得意の道悪ならば尚更のこと。
大外ブン回しのキズナを筆頭に、
牝馬の休み明けで大事に乗りたいラキシス、ショウナンパンドラらを尻目に、
失うものは何もないの精神で先行策を取ってしまえば、
知らぬ間にレースの主導権を完全に掌握できてしまうのでは。

ロゴタイプもほぼ同じ発想から。
当初は条件ピタリでもやや足らずで4着5着くらいかと思っていたが、
馬場のアシストなんかも含め連対圏まで浮上あるでということに。
たぶん福永祐一はバカ正直に乗って(責めてはいない)最後タレそうなんだよなあ..
鞍上の意のままに動けてしまうタイプだから余計そうなりそうだという皮肉。

◎○で行った行ったの決着を希望。

キズナは3番手の評価。勝たれても仕方がないし。
良馬場ならエアソミュールが本命候補だったんだけど、
これまでの足跡を考えると馬場不問とはいかない様子。
加えて折り合いの難しさも考えると..
スピルバーグはジャパンC3着で天皇賞馬の底力を見せたが、
現時点では58kg阪神内回りなら評価を下げておくべきだろう。

ラキシス、ショウナンパンドラも馬場が渋ると牡馬相手でどうか..と思うのだが、
同じ発想でヌーヴォレコルトにやられてしまった苦い記憶が....。