ドバイはどうなんでしょうねえ。
各種のポジポジな内容のコラムなんか読んでると、
エピファネイアとか全然勝てまっせくらいなトーンですけど、
その裏付けがシンボリクリスエスの血が云々レベルのもので..
ホッコータルマエも昨年よりコンディションはいいとか。
うん、それだけじゃ勝てないっすよね。

個人的にはせいぜいシマクラのハープスターが京都記念から一変して目覚めるか、
あとはUAEダービーでゴールデンバローズがどうにか見せ場を..くらいの期待感。
とはいえ一応てのひらグルン体操は済ませてますので全然勝ちまくってくれて大丈夫ですよ(・∀・)!!

約1ヶ月ぶりの参戦は複コロ。
勝つために慎重を期すのは退屈だけれど、
それくらいしないと勝てないのが競馬の恐ろしいところである。

◆阪神9R 君子蘭賞
◎ マキシマムドパリ

マキシマムドパリで複コロを進めたい。
重賞やOPで善戦してきたシングウィズジョイ、
新馬戦ぶっちぎりのエアルシアンと人気を分けそうな情勢だが、
豊富なキャリアと重めの馬場に対する適性を見て総合的に判断した。

逃げ馬不在の阪神1800m外回り。
スロー必至の条件だが、
それでも近年の傾向なら上がり3Fは34秒台半ばで事足りる様子。
京都のつばき賞ではキロハナの物凄いキレに置いてけぼりにされてしまったが、
これなら問題なく対応できる。
未勝利戦や菜の花賞を見る限り、少し重めの条件の方が向きそうだ。

エアルシアンは前走の馬場が特殊で、
そもそもマトモに走れた馬が殆どいなかった。
圧勝ぶり派手だったがいくらか割り引いて捉えるべきだろう。
良馬場に戻ってシングウィズジョイの方が難敵になりそうだ。

最終的に1.1-1.1にならなければGO。できればプラス体重だと望ましい。