カンパニーの最高傑作ルナプロスペクターが毎日杯に出走する。
てっきりスプリングSに出るもんだとばかり思ってたから、
登録がなかった時点で心配していたんだけれども、
ここ目標に順調な調整がなされていた様子。

さすがに皐月賞の最終切符を争う一戦だけに、
ここまで重賞で善戦してきた馬たちが揃った。
若竹賞とはちょっと勝手が違うことだろう。
だが、逆に言えば重賞を勝ち切れなかったメンバーの集まりでもあり、
未知の魅力を秘めたこの馬にもチャンスはあると本気で思っている。

恐らく単勝1番人気は共同通信杯3着のディープインパクト産駒アンビシャス。
舞台設定的にも最有力はこの馬か。
アッシュゴールドやシュヴァルグラン、グリュイエールにソールインパクト、
それからナヴィオンにミュゼエイリアンと侮れない面々だが、どうにか通用しないものか....

勝てば皐月賞はもちろんのこと日本ダービーも見えてくる。
なかなかスポットの当たらないカンパニー産駒としては、またとない大舞台。
それにJRAの重賞に手が届こうかというチャンス自体も、何度も訪れることはないはず。

かつてカンパニーもミラクルアドマイヤの数少ない産駒として、
自ら実績を残すことで道を切り拓いてきた。
その再現をルナプロスペクターに託したい、
それだけの期待を寄せられる器だと見込んでいる。

さすがに公式戦の馬券を買えるほど勝算たっぷりというわけではないので、
土曜はちょっと淀まで行って応援馬券を買おうと思っている。

>関連エントリ: ■カンパニー産駒ルナプロスペクターが若竹賞快勝!いざクラシックへ