チューリップ賞、ココロノアイは強かったですねえ。雨も味方したかな。
注目のディープインパクト産駒2頭は力を出し切れず完敗。
コンテッサトゥーレもクルミナルも、
恐らく賞金的には問題なく出られるはずなので巻き返しに期待です。
ちょっと底が見えた感もあるけど。

無敗、といえば弥生賞にも土付かずのキャリアを誇る2頭が参戦。
ホープフルSを勝ったシャイニングレイと、
東スポ杯2歳Sを勝ったサトノクラウン。
いずれも皐月賞へ向けて弾みをつけたい一戦。

「無敗で弥生賞制覇」といえば、
それこそディープインパクトやアグネスタキオン級の名馬でないと成し得ない業で、
09年にロジユニヴァースが勝った時はもう期待度マックスでしたよね。
その一方で、先日JRA登録を抹消されたアダムスピークのように、
2戦2勝でラジニケ杯制覇いけるやん!からの大敗といったパターンも。
夢が萎む舞台でもあります。

スプリングSに出走するダノンプラチナ、ベルーフ、リアルスティールら強敵と、
本番で勝つためにはここで足踏みしてはいられないところ。
もちろん、他の重賞を勝ってきた馬もおり、
ベルラップやグァンチャーレ、クラリティスカイらも侮れない。
地味キャラのコメートもしぶとく食い下がれそう。

このところサッパリ話題にも上がらないPOG関連では、
ブライトエンブレムが皐月賞へ望みをつないでくれれば..という切なる願いも。