「無敗」とは魅力的かつ脆い存在だと思う。
過去にも何度か書いた覚えがあるが、
負けていないということはその馬の弱点や課題が露わになっていないということ。
それゆえ咄嗟の出来事に対応する引き出しが不足しており、
思いもよらない形で初めての黒星を喫してしまう可能性を秘めている。

チューリップ賞。
2戦2勝、土付かずのディープインパクト産駒2頭が出走する。
コンテッサトゥーレとクルミナル。
どちらもOP特別勝ちをステップにしての出走で、能力的には十分に足りる。
それでも「勝った方が桜花賞の1番人気」と言えないあたりが、
今季の桜花賞戦線のレベルの高さを物語っている。
何といっても関東ではショウナンアデラにキャットコイン、
そしてルージュバックが早々に出走を確実なものとして本番に備えているのだ。

阪神ジュベナイルFで善戦したレッツゴードンキにココロノアイ、
通用するかどうかはともかく話題性は十分のブチコ、
M.デムーロを配して再浮上を期すロカら好メンバーを従えて、
「デビュー3連勝」の称号がどちらのものとなるか楽しみ。

そういえば、無敗馬はもう一頭いましたね。
1戦1勝ノーブルリーズン。
エルフィンSは出走取り消しとなったが、新馬戦は派手な勝ちっぷりだった。
もしかしたら連勝を伸ばすのはコチラ....かもしれない。